派遣社員を必要な人材として

派遣社員でも人材の質は充実しています。派遣社員として働くことによって、自分自身のスキルを積むことができるでしょう。

派遣社員として派遣会社に登録すると、さまざまな会社でいろいろな仕事を経験できます。社会的なスキルが増え、結果的に正社員として仕事を探す際にも選択肢が広がります。

人材を求める企業側としても、臨機応変に対応できるスキルのある派遣社員は頼りになるところです。大勢の社員を雇用している規模の大きな会社は、派遣社員などで優秀な人材を取り入れる活動を熱心に行っています。

希望の企業で実際に仕事をしてみる得難い経験が手に入ることもあります。大手の人材派遣会社に登録すれば、仕事の案内はもちろんのこと、就業ルールの説明や給料の支払い、福利厚生など気になる点も、事前にわかりやすく説明してくれるので安心です。

人材派遣会社の中には、スキルアップのための研修などを取り行っておりスキル向上が図れるところもあります。社会的にも、より良い人材を得ることや雇用環境を充実されることは重要視されています。

正社員ばかりにこだわっていると就職できないこともあります。派遣社員からスキルを積み上げていくことで、人材としてスキルアップを重ねていくことも大事です。派遣切りを警戒する人は少なくありませんが、人材としての価値を見込まれれば正社員になれることもあります。

人材派遣会社を利用することも、就職の形といえるでしょう。
[PR]
# by u-kj | 2011-12-26 16:01 | 働く

英語の資格で有名なものといえば・・・

英語の資格といえば今や英検とTOEICが有名ではないでしょうか。数年前までは英語の資格といえば英検が主流だったのですが、ここ数年で英語の資格といえばTOEICの方が主流になりつつあります。英語の資格の一つである英検は年に三回試験が行われているのですが、実尾用英語の技能検定として知られています。

1級から5級まであり、英検を受験している人も多いのですが、最近は昇進試験にも就職、転職にも、英検よりもTOEICの資格を重視している企業の方が増えてきたのが現状です。そして英語の資格の一つであるTOEICですが、こちらは年に8回実施されています。

日本のみなら全世界60カ国で行われている英語コミュニケーション能力を判定する世界共通のテストとしても有名で、今や社会人としてTPEICの資格を持っているということは必須のこととなりました。就職はもちろんのこと転職やキャリアアップにも英語の資格であるTOEICは欠かせない資格となっています。

TOEICの資格はリスニング試験とリーディング試験の二つに分かれていて、リスニング試験ではオーディオから流れる音を聞きながらテストが45分間行われます。その後75分は、リーディングテストが実施されます。英語の資格は自分のキャリアアップのためには欠かせない資格になるでしょう
[PR]
# by u-kj | 2011-08-06 17:31 | 学ぶ

なでしこジャパンW杯優勝とその後

なでしこジャパンのW杯優勝で日本も大盛り上がりですね。連日TVなどで報道されるわ、実際にTVに出演するわでなでしこジャパンの面々は帰国後大忙しですね。

今日からなでしこリーグも再開されるようで、W杯前と後とでは、全く雰囲気の違ったゲームになるんでしょうね。売りあがったチケットもW杯前と後とでは、数十倍違うとか・・・

まさに時の人となったなでしこジャパンですが、ピッチ外でもいろいろと話題になっていますね。まず飛び出したのが、なでしこジャパンの普段の大変な生活ぶり、アルバイトをしながらという選手もいるし、プロの選手も年俸は男子に比べて非常に低い。海外への移動では、エコノミークラスでの移動だとか・・・

W杯で優勝した世界一の選手達が疲れた体でドイツから10時間以上もエコノミークラスに乗って帰国すると言うのはどうなんでしょう?

協会への費用が削られたのは蓮舫議員のせいだとか言われて、非難されいるらしい。なでしこジャパンが優勝して思わぬところで非難されてしまいました。

それ以外にも、丸山選手へのストーカー被害だとか、熊谷選手のツイッター被害。ピッチ以外でも様々な事が今後更に話題になっていくんでしょうね。

W杯優勝によって、日本はとても勇気をもらいました。沢選手を筆頭に、諦めなければきっと夢は叶うという事も感じることが出来ました。

この良い流れを続けて欲しいと切に願います。
[PR]
# by u-kj | 2011-07-24 09:16 | 時事

BM-435 その2

BM-435の特徴と言えば、やはり低スピンで強弾道の軌道と言うことでしょうか。通常ロフトが寝ていて、低スピンだとやはり曲がりは大きくなるのですが、このBM-435は大きな曲がりはありません。

横回転が抑えられているのか、例えスライス回転のかかるカット軌道でのスイングでもさほど曲がりは多くなく、どちらかと言うと、若干のスライスがかかりながら前へ前へ進んでいくような感じです。

強弾道でどーんと前に飛んでいく、そして着地してからランが出ますので飛距離は大きく伸びることでしょう。

このBM-435を選ぶときに注意する点がひとつあります。それは、ロフト。リアルロフトですので、いつも使っているドライバーのロフトと同じで良いという考えは危険です。

やはりオススメするのは、実際に打ってみて弾道を確認したり、シミュレーションマシンで打ち出しの角度を確認したりして、最適な弾道を得られるものを選んでください。
[PR]
# by u-kj | 2011-04-26 15:57 | 未分類

BM-435 その1

いままで散々多種多様のゴルフクラブを購入してきた。クラブも時代と共に変化を遂げた。私がゴルフを始めたときはドライバーの素材はパーシモンであった。ボールがクラブのヘッドに密着している時間が長く、はじくというよりもボールをつぶして飛ばす、そんな感覚だったのを覚えている。

そんな私も最近は当然のようにメタルのヘッドを使う。ヘッドの材質も変わったので、形状の種類も増えた。昔のパーシモンでは、四角形や5角形?の形状は難しいし、それ程効果も無いだろう。

しかし、ここ最近では、その四角形や異形のヘッドも少なくなり(どもまでを異形と言うかは不明だが)伝統的な形に戻ってきた感がある。いわゆる昔のパーシモンのような形、洋ナシ型に代表されるような形。

その中で最近のマイブームは、ジェイジーイーが製作するBM-435だ。エポンのAF202と悩んだが、構えた感じがしっくりくるBM-435にした。ここは個人差があるので、実際は実物を持って構えて自分がしっくりとくるものを選べばよいでしょう。
[PR]
# by u-kj | 2011-04-20 14:04 | 買う

マスターズ

今年のメジャー第一戦、マスターズが例年通りジョージア州のオーガスタで開催されました。日本人はプロからは藤田寛之、池田勇太、石川遼の3名、アマからは松山英樹の1名と合計4名で参加。開催約1ヶ月前に忘れることの出来ない大災害、東日本大震災が日本を襲う。

いろんな思いが交錯する中、参加資格のある4名は全員参加してくれた。とても大変な決断であったと思う。しかし、恐らく全員がプレーに集中して、自分のもっている力を出して、戦った姿は日本国民にとても大きな勇気と力を与えてくれたと思う。

世界のトッププロを相手に参加4名中、2名が予選を突破。難しいオーガスタで最強のライバルの中、これは素晴らしいことだと思う。しかも松山英樹はアマチュア、そして初出場。非常に今後が楽しみな選手が出てきたと思う。そして、松山英樹のマスコミに映し出されるとても素直な姿が好感を生んでいる。

3度目にして念願の予選を突破した石川遼。やはり随所に知っているからこそ出来る攻め方と言うのが見られた。アンラッキーな部分もありながら、しっかりと地に足をつけて落ち着いてプレーする姿はもはやベテランの域か?日本で見られるしびれるようなショット、パットが少なかったのが残念だったが、確実に力をつけており、来年優勝争いの可能性も・・・?と期待をさせてくれる選手なので今年どれだけ成長することが出来るか楽しみである。

しかし優勝したシュワーツェル・・・見事なバーディーラッシュであった。こんなに強い選手がいたなんて、最近のヨーロッパはさらに層が厚くなったと感じることになった。
[PR]
# by u-kj | 2011-04-15 14:26 | 遊ぶ

ダンロップフェニックスの行方

今週は宮崎のフェニックスカントリークラブでダンロップフェニックスが開催される。このトーナメントは例年ビッグネームが参加するトーナメントとしても有名。

過去にはタイガーウッズも出場している。今回の目玉は・・・トムワトソンではないでしょうか?59歳で全英オープンの優勝を争う実力。今までメジャー8勝。そして何よりも素晴らしい人柄と聞く。

更には昨年の覇者エドアルドモリナリ。昨年の欧州賞金王であるロベルト・カールソンとのプレーオフの激闘は見応えがあった。

賞金王レースも大詰め。キムキョンテVS石川遼の対決も見逃せない。今年もダンロップフェニックスは熱い戦いが繰り広げられるだろう。
[PR]
# by u-kj | 2010-11-17 15:52 | 時事

恐るべし石川遼

先日の三井住友VISA太平洋マスターズをご覧になった方は多いのではないでしょうか?そして、皆さん同じくこう思ったのではないでしょうか?「石川遼の強さは本物」

最終日トップタイでスタートした石川遼は出だしでボギーをたたくも、その後神がかり的?な連続チップインなどを含めバーディーを量産して2位と2打差の14アンダーで優勝。

しかし彼はなぜいつもドラマティックにそして見ている人を惹きつけるようなプレーで勝つのでしょうか?これは、やはり、最近はやりの言葉で言うと「持っている」のでしょう。

マイナビABCでのキムキョンテのプレーを見て、さらに約3,900万円離されたところで、今期の賞金王は無いか・・・と思ってしまった。そんな常識的な知識は石川遼には当てはまらない。

現時点で、その差約1,300万円。あるかもしれませんね!逆転、賞金王。こうなったら見てみたいです。2年連続賞金王。しかも、18歳、19歳での2年連続賞金王。
[PR]
# by u-kj | 2010-11-16 10:29 | 時事

三井住友VISA太平洋マスターズ2010

今年の男子プロゴルフツアーも大詰めを迎えて来ました。ラスト4戦どんなドラマが待っているのでしょうか?

さて、今年も例年の如く太平洋クラブの御殿場コースで三井住友VISA太平洋マスターズが開催されます。約3,900万円でトップのキムキョンテを追う石川遼はその差を縮めたいところ。

場所柄か例年この大会は寒いんですが、今年は暖かそうですね。今日明日は気候の良い状態でプレー出来そうなので、良いスコアが期待できるのではないでしょうか。コースコンディションが良いときに以下にバーディーを重ねて馬群から抜け出して悪い中でもスコアを落とさない戦いかたが必要だと思います。

特に、この太平洋クラブ御殿場コースは例年グリーンが速い。ガラスのグリーンとも言われますが、そのガラスのグリーンを攻略できるかどうかに優勝が左右されるでしょう。

また、今年もアメリカで活躍する今田竜二も参戦します。ショートゲームの得意な今田竜二には向いているコースなのではないでしょうか。活躍が楽しみです。
[PR]
# by u-kj | 2010-11-11 08:56 | 時事

千葉ロッテ日本一

最大の下克上完成。千葉ロッテが大手をかけての第6戦、延長15回で決着つかず引き分け。引き続き千葉ロッテが大手をかけた状態、つまり3勝2敗1引き分けで第7戦。

だれが予想しただろうか。連日の延長戦、先発投手以外は前日見た投手がやはり緊迫した場面での投球であった。ペナントレースを戦い、クライマックスシリーズを戦い、さらに日本一をかけた日本シリーズ、全選手、監督、コーチが疲労しきったことだろう。

勝敗を決めたのは技量だろうか?時の運だろうか?それとも選手の気迫だったのだろうか?両チームともスーパースターは不在。どちらが勝ってもおかしくない対戦カード、しかし勝敗は決した。

パリーグペナントレース3位から勝ち上がった千葉ロッテマリーンズが日本一に。クライマックスシリーズが始まって以来初めての下克上完成。いや、今までは3位が日本シリーズに進むことは無かったので、プロ野球史上初のリーグ3位が日本一であった。
[PR]
# by u-kj | 2010-11-10 13:16 | 時事