恐るべし石川遼

先日の三井住友VISA太平洋マスターズをご覧になった方は多いのではないでしょうか?そして、皆さん同じくこう思ったのではないでしょうか?「石川遼の強さは本物」

最終日トップタイでスタートした石川遼は出だしでボギーをたたくも、その後神がかり的?な連続チップインなどを含めバーディーを量産して2位と2打差の14アンダーで優勝。

しかし彼はなぜいつもドラマティックにそして見ている人を惹きつけるようなプレーで勝つのでしょうか?これは、やはり、最近はやりの言葉で言うと「持っている」のでしょう。

マイナビABCでのキムキョンテのプレーを見て、さらに約3,900万円離されたところで、今期の賞金王は無いか・・・と思ってしまった。そんな常識的な知識は石川遼には当てはまらない。

現時点で、その差約1,300万円。あるかもしれませんね!逆転、賞金王。こうなったら見てみたいです。2年連続賞金王。しかも、18歳、19歳での2年連続賞金王。
[PR]
by u-kj | 2010-11-16 10:29 | 時事
<< ダンロップフェニックスの行方 三井住友VISA太平洋マスター... >>