英語の資格で有名なものといえば・・・

英語の資格といえば今や英検とTOEICが有名ではないでしょうか。数年前までは英語の資格といえば英検が主流だったのですが、ここ数年で英語の資格といえばTOEICの方が主流になりつつあります。英語の資格の一つである英検は年に三回試験が行われているのですが、実尾用英語の技能検定として知られています。

1級から5級まであり、英検を受験している人も多いのですが、最近は昇進試験にも就職、転職にも、英検よりもTOEICの資格を重視している企業の方が増えてきたのが現状です。そして英語の資格の一つであるTOEICですが、こちらは年に8回実施されています。

日本のみなら全世界60カ国で行われている英語コミュニケーション能力を判定する世界共通のテストとしても有名で、今や社会人としてTPEICの資格を持っているということは必須のこととなりました。就職はもちろんのこと転職やキャリアアップにも英語の資格であるTOEICは欠かせない資格となっています。

TOEICの資格はリスニング試験とリーディング試験の二つに分かれていて、リスニング試験ではオーディオから流れる音を聞きながらテストが45分間行われます。その後75分は、リーディングテストが実施されます。英語の資格は自分のキャリアアップのためには欠かせない資格になるでしょう
[PR]
by u-kj | 2011-08-06 17:31 | 学ぶ
<< 派遣社員を必要な人材として なでしこジャパンW杯優勝とその後 >>