日焼けの対処法とその他の知識

メイクや汗といった汚れを落としてから、冷たいタオルや冷水で冷やしてあげてください。ほてっている状態の肌に無理は禁物です!

しばらく冷えた状態にしておいてから、刺激の少ない敏感肌用の化粧水で、たっぷり水分の補給をしてください。

日焼け止めには、SPF値とPA値があり、SPF値は、UVBの防止効果、PA値は、UVAの防止効果をあらわします。SPFは、皮膚を赤く炎症させるUVBをカットする強さで、PAは、肌を黒くするUVAをカットする強さを表します。

日常の生活で使用するものは、化粧下地をかねて、SPF15程度、PA+~PA++程度が良いでしょう。

スポーツなどアウトドアで長時間過ごす場合、SPF30以上、PA+++の日焼け止めのものを選びましょう。

さらに、顔だけでなく、露出する部分には全て日焼け止めを塗るようにしましょう。しみが出来やすい頬骨の付近は念入りに塗ります。

お役立ちリンク:
化粧品メーカーコーセーコスメポート株式会社//MAC/シャネル/クリスチャンディオール/株式会社ソニーシーピーラボラトリーズ/エスティ ローダー株式会社/株式会社 ドクターフィル コスメティクス株式会社イオンフォレスト/株式会社 マンダム/株式会社SONOKO  &/花王株式会社/株式会社コーセー/株式会社ラッシュジャパン/日本ロレアル株式会社/株式会社カネボウ化粧品/株式会社 イプサ日本ロレアル株式会社/ギノージャパン/ゲラン株式会社/株式会社ドクターシーラボ/ケイアイオー株式会社/株式会社 アユーラ ラボラトリーズ/エイボン・プロダクツ株式会社/アテニア化粧品/有限会社アンティ アンティ/株式会社 資生堂/株式会社再春館製薬所/株式会社アルビオン/日本メナード化粧品株式会社/マチス化粧品/ポリシー化粧品通販事業本部 パン企画 株式会社/株式会社ファンケル株式会社ハーバー研究所/ニュー スキン ジャパン 株式会社/株式会社セザンヌ化粧品/stila化粧品/JILL STUART/ジュジュ化粧品株式会社/CO-OP化粧品/カシー化粧品/オッペン化粧品株式会社/エルセラーン化粧品株式会社
リストマニアa/b/c/d/e/f/g/h/i/j/k
[PR]
by u-kj | 2006-06-01 14:52 | 学ぶ
<< 知っているようで知らない焼酎の知識