焼酎の効果

焼酎は心筋梗塞や脳梗塞に効果あり?

ご存知の通り、心筋梗塞や脳梗塞は心臓や脳の血管に血栓が詰まる事によって引き起こされる病状である。

じゃあ血栓が無ければ良いのかと言えば、答えはNOである。

なぜなら血栓がなければ傷ついてしまった血管の修復が出来なくなってしまい、出血を止める事が出来ないからだ。

健康な状態であれば、余計な血栓を溶かす酵素を持っているので、血栓による病気、つまり心筋梗塞や脳梗塞と言った病気を引き起こし辛い訳ですね。

ただ年をとったり、偏った食生活であったり、ストレスを溜め込んでいると血栓を溶かす酵素の働きが悪くなってくる。

となると次第に健康状態は悪化して、血栓が血管に詰まって心筋梗塞や脳梗塞に見舞われてしまうのだ。

そこで我等の焼酎様が登場する。

血栓を溶かす作用を持つ酵素のひとつにウロキナーゼと言うものがある。

本格焼酎には、このウロキナーゼを増やす効果があり、血栓症の予防に役に立つと言われている。

そう、我等の焼酎様は健康にも役に立つ飲み物なのであります。

ただ、この血栓を溶かすウロキナーゼは本格焼酎にしか入っておりませぬ。
(他のにも微量は入っているようですが・・・)

しかし本格焼酎の含有量はダントツ!

以前、ワインに含まれるポリフェノールが血栓が出来るのを防ぐ効果があると言われた。

ポリフェノールは、抗酸化作用によって層脈硬化を防いだり、血栓を予防するのに有効ではあるが、既に出来てしまった血栓を溶かす事は出来ないのだ!

しかし、しかしである。

本格焼酎に入っているウロキナーゼは、なんと既に出来てしまった血栓を溶かす作用があるのだ。

これで、正当な理由も出来た事だし、心置きなくガンガン焼酎を飲めるってもんでやんす。

本格焼酎

野うさぎの走り/ピメント/十割(とわり)/玄庵(げんあん)/神楽の舞(かぐらのまい)/しそ焼酎 若紫ノ君(しそしょうちゅう わかむらさきのきみ)/五百年のロマン/田苑 辛蒸(でんえん からもし)
[PR]
by u-kj | 2006-07-11 13:50 | 買う
<< 新会社法の定款について 漢字能力の低下に歯止めを >>