液晶?プラズマ?

昨日もテレビで、これからテレビは更に大型化するというニュースが流れておりましたが、家電店に行っても目に付くのは大型の液晶、プラズマの薄型テレビばかりですね。現在市販されているものは、液晶・プラズマといった薄型が主流で、国内メーカーは製造を打ち切っています。液晶、プラズマの主な違いは、とおりです。液晶テレビは、液晶パネル(LCD)を採用したテレビです。

大型&薄型テレビにおける液晶、プラズマの違いとして、以下の長所と短所が挙げられます。
液晶の長所は消費電力が低く、寿命も比較的長く、低反射性であること。液晶は元々は小型のタイプに適した機種なので、40V型以下のものを求めるなら、液晶がいいでしょう。

液晶の短所としては、応答速度が遅く、速い動きのあるシーンでは残像感がこと。コントラストが低い、視野角が狭い、ブラウン管に比べて輝度・色彩表示能力が劣るなどの問題があります。

プラズマの長所は、大画面化が容易であること。そのため、大画面になればなるほど液晶よりも安くなります。液晶と比べると視野角も広く、応答速度も速いです。

プラズマの短所としては、消費電力が大きく、発熱が大きいことが挙げられます。そのため、壁と平行に設置する場合は放熱のためのスペースが必要とメリットが活かしづらくなります。高精細化・小型化が困難です。

最近のテレビ購入のポイントは、何よりも、購入者がニーズをはっきりさせることですね。今買うなら地上アナログ放送は外せません。選択肢が、製造年月日が比較的新しい国産メーカーのものに限られますので、テレビは決して安い買い物ではありませんから、しっかりと市場調査を自分の目的をはっきとさせて購入しましょうね。
[PR]
by u-kj | 2006-09-01 13:05 | 買う
<< ライブドア元社長の堀江さん初公判 色彩検定とは >>