レクサスLS460は凄そうだ

ついにレクサス待望の完全オリジナルレクサスが出るね。その名もレクサスLS460。いままでのアルテッツア⇒IS アリスト⇒GS ソアラ⇒SCとは、一線を画すわけですよ。今回のLS460は。

機能も凄ければ、値段も凄いね。多分LS460の価格層は800万円~1000万円。なのに、既に2ヶ月の納車待ち。誰がそんなに買うんですかね?と思ってしまうのだから、そりゃーLS460乗ってたら自慢できるわ。

しかし、このLS460はスペックを見るだけで、驚きの連続ですわ。まず、8速ミッション。8速ですよ、8速。ずいぶん昔の2輪のレース用のバイクじゃないんだから。しかしこのミッションの細分化によって運転状況によって最適なミッションが選択されるわけですね。

LS460は運動性能だって素晴らしい。カタログ値ではあるが、0m~100mをなんと5.8秒で走る運動性を持つ。最高速は、250Kmプラスα。LS460は完全にBMWの7シリーズ、アウディのA8に並んだね。

まあ既に静粛性、安定性においてはずいぶん前から勝っていたけどね。

あと凄いらしいのが、安全性。歩行者にぶつかりそうになったらプリクラッシュブレーキで衝突速度を低減って、なんだそれ!ってくらい未来的安全性能を持つのよ。さらにびっくりなのが、後ろからの追突してきそうな車にハザードで知らせたり。

あ、だめ。衝突する!と車が判断したら、シートのヘッドレストが頭に触れるまで動くんだって!!カマ掘られても鞭打ちにならなそうだ。というより、何より大事な頚部を保護してくれる。

とにかく今回のレクサスLS460は日本の最上級車になるだろーなー。
[PR]
by u-kj | 2006-09-21 01:14 | 時事
<< F1が鈴鹿から消える? 吉野家復活祭。食べ損ねた・・・ >>