ソフトバンク携帯電話のその後

先ほど見た記事にも、「ソフトバンク連休を問題なく乗り切る」なんて見出しを見かけましたが、本当に問題なく乗り切ったと言えるのかもし?

連休前に、携帯電話会社の大目玉と言えるMNP(モバイルナンバーポータビリティ)が始まって、契約会社の変更に訪れた人々に迷惑をかけ、ドコモ&AUにも厳重注意というお叱りを受けたソフトバンク。

今回の件を見て、「あ、またソフトバンクやりやがったな」と思ったのは、私一人ではないことは間違いないだろう。

以前にも、業界を震撼させるような低価格を謳い文句に、ブロードバンド業界に突入して、多数の顧客を掻っ攫ったまでは良かったが、待てども暮らせど一向に開通されないヤフーBBに顧客は皆頭から怒りの煙を出していたとかいないとか(いないか・・・)

またしても、ソフトバンクはやってもーたのだ。

なんなく3連休を乗り越えました?

それは、全ての業務を完遂して言える言葉であるはずである。業務の一部を行なわず、乗り越えても根本的な問題は解決していないのであるからね。

ソフトバンクさん、早く正常なMNPをやってね。

厳しい言葉をエールに変えて、本日はお開きとさせて頂きます。
[PR]
by u-kj | 2006-11-06 19:01 | 時事
<< 日米野球2006に見る今後のプロ野球 ソフトバンクに予想外の申込み >>