ホットヨガについて

ヨガとは、古代のインド語(サンスクリット語)で(調和、融合、統一)という意味だそうです。インドで5000年前に発祥した心身統一を呼吸法と共に鍛錬する方法です。そのヨガの中で、最近注目を浴びているのがホットヨガですね。友人や会社の同僚がこぞって行き始めました(笑)

ホットヨガは、ハタヨガ(体の運動を中心としたヨガ)のスタイルの一つだそうです。ホットヨガは、元々は「ビクラム・ヨガ」といって、発案者のビクラム・チョードリー氏の名前からきています。ホットヨガは、室温40度、湿度55%の室内で26種類のアーサナ(ポーズ)を行います。ホットヨガは、サンフランシスコから今のホットヨガ人気が始まったと言われています。

ホットヨガは蒸し暑い部屋で行うため、体が柔らかくなりますので、普通のハタヨガよりもはるかに、筋肉や関節を傷めにくく、難しいポーズも取りやすいという利点があります。また、蒸し暑さによって大量の汗をかくので、老廃物を排出することもできます。最近良く聞くデトックス作用です。

同じアメリカのサンフランシスコで火をつけたホットヨガは、今ではニューヨークやロサンゼルスなどにおいて、ハリウッド俳優やスポーツ選手などのセレブの間で人気を博し、さらに流行に拍車がかかりました。ホットヨガの流行の波がアメリカ以外でも注目され、ホットヨガを行う人が世界各国で増えてきています。

友人の話では、びっくりするぐらい汗が出て、おいしい水をゴクゴク飲むので、体の中の悪いものが、どんどん綺麗なものに入れ替わっている気がする。との事です。
[PR]
by u-kj | 2006-11-11 13:58 | 時事
<< プレイステーション3(PS3)が発売 番号ポータビリティについて >>