プレイステーション3(PS3)が発売

ゲームファンお待ちかねのプレイステーション3(通称:PS3)が本日ついに発売された。が、今回の発売前の列に異変が・・・

なぜ海外の人が多い(?)日本でのPS3の発売の行列に外国人が多数並んでいるというのも奇妙な光景だ。

この現象の原因は、日本・欧州と同時発売を予定していたPS3だが、ブルーレイディスクに使用されるダイオードが間に合わなかった為に、欧州での発売が遅れたのだ。

そこで、当初の発売日通りに発売される日本に買い付けに来たということらしい。しかしPS3の購入の為に、しかも、待っていれば欧州でも発売するのに、製品よりも高いお金を支払って日本まで買い付けに来るとは凄い。

さらに今回発売日に用意されたPS3の台数は、10万台。ツアーを組んで日本まで来た人全員は購入する事が出来ない可能性もあるとか・・・・

フランクフルトまでだとすると、片道約13時間・・・手ぶらで帰国って、かなり辛いな~

ところで、今回発売されたPS3は初陣からスムーズなランディングが出来なかったというのに、更にはニンテンドーのWiiというライバルに比べ魅力的でないという回答が多いと言う。

価格が高いのと、ビッグネームのゲームが少ない事が要因か?これからの年末商戦に向けてPS3、Wii、ソニーエンターテイメント、任天堂と言った両社の戦いが更に激しくなるのか。ここにマイクロソフトのX360が加わって再び3強による。

ちなみに、Wiiの注目のあのリモコン、12月2日発売です。
[PR]
by u-kj | 2006-11-11 17:42 | 時事
<< 大リーグストーブリーグを熱くさ... ホットヨガについて >>