You Tubeで儲かった人、これから儲ける人。

さて、近頃流行の女の子では無く、近頃流行の動画像ですが、動画配信と言って真っ先に思いつくのはYouTubeである。私だけ?

そのYouTubeが売られました。いわゆる企業買収と言う奴ですね。今回のYouTubeの買収について簡単に紹介します。

売った人:YouTubeを作ったチャド・ハーレーとスティーブ・チェンの二人

二人が得た金額:815億円

YouTubeの創立:2005年

二人の年齢:チャド・ハーレー、29歳;スティーブ・チェン、28歳

いや、凄い。つまり2年で0から815億円を創出したわけですね。
死語?かもしれませんが、まさにアメリカンドリームですね。今後もWEB2.0などが活発化すると、更に急成長するベンチャーも出てくるかもしれませんね。

まぁ、もっと凄いのは、そのYou Tubeを約815億円で買収した企業ですね。

YouTube買った企業は・・・・そうグーグルです。

グーグルは1998年に検索エンジンサービスを開始。以後、大手ポータルに採用されるなど、検索エンジンでは常に業界をリードしてきた企業です。グーグルって、まだ10年も経ってないんですよね。恐るべし。

先日も、NHKでグーグルにカメラが潜入してグーグルが何故急成長したのかについて簡潔に紹介されていましたね。

グーグルもYouTube同様に、ラリー・ペイジとサーゲイ・ブリンという2人の若者が創設した企業なのです。

あまり知られてませんが、ヤフーもそうなんですよ。孫正義さんが、作ったんじゃありませんよ(笑)

ヤフーは、1994年にスタンフォード大学の学生だったジェリー・ヤンとデビット・ファイロの2名が作った企業なんです。

さてさて、話をYouTubeを買収したグーグルに戻しますと、YouTubeを買収して利益を生み出す事が出来るという判断をしたからこそ、グーグルはYouubeを買収したと言う事ですから、今後youTubeを使ってどんな展開をするのか楽しみです。

全世界の超一流の人材を集める企業がどんな戦略を持っているのか?

うーん、凡人には分りません・・・
[PR]
by u-kj | 2007-02-13 09:31 | 時事
<< 北京オリンピック 不二家の責任 >>