富士スピードウェイでの戦い

さて、今年もやってきましたF1世界選手権日本GP。今年は例年と大きく違う点といえば、やはり長年日本でのF1の戦場であった三重県の鈴鹿サーキットから、富士スピードウェイに変更されたことでしょう。

ただ、鈴鹿ファンの皆さんご安心ください。日本GPの使用サーキットは、隔年で鈴鹿サーキットと富士スピードウェイで開催されることになりました。

ホンダが頑張りましたね!

さて、今年のF1ですが、ご存知の通りスーパールーキー、ハミルトンが現在ポイントランキング1位、そしsて2ポイント差でアロンソと、そして中盤から追い上げを見せて11ポイント差で追いかけるライコネンの三つ巴となる戦いです。

さて、気になる日本GPの状況は・・・

1分25秒368をマークしたスーパールーキーハミルトンがポールポジションを獲得!続いて、僚友のアロンソと言うことで、マクラーレン・メルセデスが1・2とフロントローを独占。

気になる日本勢は、佐藤琢磨21番手、山本左近22番手と、地元開催ながら厳しい展開の様子。明日の決勝では、頑張ってもらいたいですね。
[PR]
by u-kj | 2007-09-29 16:11 | 時事
<< F1日本グランプリ アジアカップ >>