浅田真央が世界フィギュア優勝

浅田真央が世界選手権で見事初優勝を飾った。フィギュアスケートの世界選手権は3月20日、女子フリーが行われ、前回は銀メダルだった浅田真央が、総合で初優勝を飾りました。

前回の覇者、安藤美姫は故障を押しての出場だったが、残念な事にフリーの途中に演技を中断棄権となってしまった。

ただ、優勝はしたが浅田真央も完璧な演技ではなかった。得意のトリプルアクセルの踏み切り前に転倒をしてしまった。しかし、その後は浅田真央らしい演技を見せてショートプログラム(SP)首位のイタリアのカロリナ・コストナーを逆転。合計得点は、185.56点。

浅田真央の最大のライバルとも言える、韓国のキム・ヨナは総合で3位だった。
[PR]
by u-kj | 2008-03-21 10:44 | 時事
<< ダルビッシュ有が零封 大相撲春場所 >>