ダルビッシュ有が零封

いよいよプロ野球が開幕した。昨日はパシフィックリーグの開幕だった。開幕戦注目のカードである日ハム対ロッテの試合。当然のように両チームとも先発はエースをぶつけてきた。

日ハムは、今や日本のエースと言える存在になりつつあるダルビッシュ有、ロッテも3年連続の二桁勝利の小林宏。

初回の両投手を見る限り、明らかに投手戦のムード。実際に直球、変化球の切れの有るピッチングのダルビッシュをロッテ打線は捕らえる事が出来ない。

しかし小林宏も初回3者連続三振をとるなど、素晴らしいピッチングを見せた。ただ、好投を続けていた小林宏に不運が・・・6回にアクシデントで降板となった。

その6回に、稲葉の併殺崩れで1点を奪った日ハムが、ダルビッシュの好投で1点を守り開幕戦を飾った。ダリビッシュ本人は、今日の調子ならもっと抑えられたという。開幕から絶好調のダルビッシュ有。今年は北京オリンピックでもこの調子を維持して、日本を沸かせて欲しい。
[PR]
by u-kj | 2008-03-21 16:43 | 時事
<< 2008年F1GP開幕 浅田真央が世界フィギュア優勝 >>