タイガーウッズの連勝止まる

現在PGAツアーのトップに君臨するタイガーウッズ。昨年から出場するトーナメントにことごとく優勝している、そして連勝記録は5連勝まで伸びた。しかし遂にタイガーの連勝記録がストップ。米フロリダ州マイアミのドラル・ゴルフリゾート・アンド・スパで行なわれていたCA選手権で優勝を逃した。

しかしPGAツアーで、これ程まで連続して優勝するプレイヤーを私は知りません。ゴルフトーナメントで連勝をするのは他の競技で連勝するよりも非常に難しいと思う。

ゴルフと言うのは、非常に精神面からくる影響が強い。つまり結果に影響する外的要因が多いと言う事。スイングの数ミリのブレ、パッティングの微妙な転がりの違いでもリズムを崩す。崩れたスイングやパッティングが次の試合までに回復するとは限らない。

その少しのブレが、スランプを起こし、そのまま消えていくなんて事も良くある事です。ゴルフはそれ程繊細で、常に危険と隣り合わせのスポーツであると思う。

タイガーウッズの凄いところは、完全なアスリートとして努力して作られた体から放たれるドライバーショット、距離感の優れたアイアンショット、完璧なタッチを出すパッティング、どれを取っても素晴らしいが、最も他の選手と異なるのは精神面だと思う。

常に自分を向上させようとしている。タイガー自身、自分のスイングは進化し続けている。と言っている。どんなに優勝しても現状に満足していないのだ。

現状に努力しておらず、常に高い位置に自分の目標を置いている。だから、更に努力をする。その努力が半端ではなく、しかもアスリートして高い能力を持っているから、他の選手は追随できないで居るのではないか。

現在に状況を見ると、恐らくこれから10年はタイガーを完膚なきまでに叩きのめすプレイヤーが出てこないのではないでしょうか。
[PR]
by u-kj | 2008-03-25 08:52 | 時事
<< 浦和レッズが未勝利 朝青龍が大相撲春場所優勝 >>