ダルビッシュ対湧井

27日の札幌ドームで行なわれた試合は見ごたえがあった。両チームともエースを登板させ、そしてその両エースとも名に恥じない投球を見せた。

打者が打ち合って点を取り合う豪快な試合も良いですが、個人的には互いの投手が素晴らしい投球を見せて、1点を取り合うといった緊迫した試合展開が好きです。

27日の日ハム対西武は、まさにその展開でした。互いに譲らない素晴らしい投手戦。この二人が今年の北京オリンピックの投手陣の中核を成すと思うと、非常に頼もしいですね。是非怪我など無く、順調にいってほしいものです。
[PR]
by u-kj | 2008-03-28 15:23 | 時事
<< ハニカミ王子の石川遼 日本代表バーレーンに惜敗 >>