全米オープンゴルフ

今期メジャー第2戦となる、全米オープン選手権が12日より、サンディエゴのトーリーパインズGC南コースで行なわれる。

今回は優勝候補の予想が難しそうだ。誰もが認める世界ナンバーワンプレーヤーのタイガーウッズは、マスターズ後に膝を手術。手術は成功したが、復帰第一線でいきなりメジャーとなる。若干の時間があいて試合感が戻るかが勝敗の分かれ目か?

今期既に2勝と波に乗っているフィルミケルソンが優勝候補の筆頭とも言えるのでは?数年前まで、メジャーで勝てない天才レフティと言われたが、今やメジャーでの勝ち方を十分分かっている数少ないプレーヤーの一人。

トーリーパインズGC南コースは、距離もありグリーンも堅い事から、しっかりとフェアウェイをキープして、スピンコントロールの出来る2打目を打てるかが勝敗を分けるではないでしょうか?

期待の日本勢は、今田竜二、谷口徹、片山晋吾といったメンバー。
[PR]
by u-kj | 2008-06-12 11:30 | 時事
<< タイガー劇場 三菱ダイヤモンドカップゴルフ >>