セリーグペナントレースの結果

10月10日、原監督が宙に8度舞った。最大ゲーム差13ゲーム。だれがこの時原監督が10月に胴上げされている姿を思い浮かべただろうか?

「メークドラマ」1996年に最大11.5ゲーム差をひっくり返して優勝した巨人軍。その後巨人軍の大逆転を表す言葉となった。

メークドラマ以上のドラマはメークレジェンド。この物語は暫く伝説となりそうだ。

様々な要因が重なり伝説は完成した。北京オリンピックの参加選手は、その伝説の中でも大きな要因をしめる。

最悪の状態でペナントレースを迎えた選手が、北京オリンピックを境に本来の姿へ変貌を遂げる。通常のペナントレースであったならば、この華麗なる復活劇は見ることは出来なかっただろう。個々の危機感・責任感がMAXに達し、最高のパフォーマンスを演じられるように変化したと言う事でしょう。

メークレジェンドを達し巨人軍とメークレジェンドを達成された阪神、そして虎視眈々と日本一を狙う中日のCSが楽しみです。
[PR]
by u-kj | 2008-10-16 14:42 | 時事
<< ハニカミ王子 セリーグペナントレース >>