カテゴリ:未分類( 2 )

中国GP 激闘の2007年F1グランプリ 

F1世界選手権第16戦中国GPは上海国際サーキットで行なわれた。ルイスハミルトン、チャンピオン獲得に向けて準備は整った。公式予選で、自身6度目となるP・P。1950年からお行なわれているF1の歴史に新たな1ページが加わるか?世界中の目が釘付けとなった。

前戦の富士スピードウェイと同じく、ウェットコンディションであった。しかも、ウェットからドライに、そしてウェットと路面状況は激しく変わる。何かが起きる予感のレース。そして、その予感は的中した。

自身のミスから、タイヤにダメージを負ったハミルトンは、ピットに入ろうとした。そのピットに入るピットレーンで、あろうことかオーバースピードでピットレーンからグラベルへコースアウトしてしまう。ハミルトンは、この大事な場面で、起こり得ないような痛恨のミスをおかしてしまった。そこで、ハミルトンの中国GPは幕を閉じる。

混戦の中国GPを制したのは、ドライバーズランキング3位のキミ・ライッコネン(フェラーリ)だった。そして、2位には、ハミルトンのチームメイトであり、最大のライバルである前王者フェルナンドアロンソ。

そして、最終戦を前にドライバーズポイントは7ポイント内に3人が入ると言う状況に。そして、舞台は激闘の2007年F1グランプリ最終章、ブラジルGPへ。

しかし、今年のF1は話題に事欠かない。スパイ疑惑によるコンストラクターズポイントの剥奪。1989年のマクラーレンホンダのセナ・プロストを思わすような、ハミルトン・アロンソの戦い。そして、やはりルーキーにして、最もチャンピオンに近いルイスハミルトン。

さぁ、F1の神様は彼等にどんなエンディングを用意しているのでしょう?注目です。
[PR]
by u-kj | 2007-10-13 14:42

井川慶とイチロー

大注目の平成の怪物の影に隠れた日本を代表する左腕の井川慶ですが、いいですね。
え?5日のタイガース戦の2失点で、いいって?

まぁ、結果はそうですが、しっかりと自分のペースを守って、調整している事がいいと思います。ヤンキース等の濃いファン、メディアが常に注目を集めているチームでは、A・ロッドなどの超一流選手でも、即バッシングの的になります。

しかし、井川選手はそれを聞いて「英語、わからないっすわ」だって。いいっすね~。
大リーグ1年目であるし、この時期は開幕後如何に素晴らしい投球が出来る準備をする期間です。彼の言うとおり「収穫のないピッチングが一番良くない」です。

この井川選手のコメントを聞いて、5打数5安打を放った時のイチロー選手のコメントを思い出しました。その時イチロー選手は「今日はまったく何も得る物が無く、非常につまらない試合だった」とコメントしたと記憶しています。

やはり一流と呼ばれる選手は、結果よりも、より自分を高める為の要素を追い求めているんですね。その気持ちを持ち続けている、その結果一流と呼ばれるようになっているんでしょう。

益々開幕が楽しみです。
[PR]
by u-kj | 2007-03-09 08:58