カテゴリ:時事( 105 )

セリーグペナントレース

昨日の横浜-阪神戦が雨で流れて、巨人と阪神のゲーム差は変わらず。セリーグの優勝を決める大事な一戦となる巨人阪神戦が東京ドームで今日行われる。

メークミラクルよりもミラクルな追い上げを見せている原巨人。北京オリンピックに注目を浴びているうちにあれよあれよと追いついてきた。

巨人、阪神共に消化ゲーム数140、勝ち81、負け56、引き分け3、勝率5割9部1厘、残り試合数4。まさに天下分け目の一戦、天王山と言える試合となるでしょう。激戦必須。久々に絶対に見逃せない一戦となるでしょう。
[PR]
by u-kj | 2008-10-08 11:30 | 時事

意識

ソフトボールで日本が金メダルを獲得した。ソフトボールがオリンピックの正式種目になってからアメリカが連覇を続けてきた種目だ。

ここ数年、オリンピックや世界選手権でソフトボールでは何度も悔しい場面を見てきた。シドニーオリンピックでは予選で圧倒的強さを見せつけ全勝で迎えた決勝戦で延長サヨナラ負けで破れた。

ひょっとしたらチームの総合力では、今回の北京オリンピック代表チームの方が劣るかもしれない。しかし結果は金メダル。

選手一人一人の力が、そして意識が金メダルを呼び込んだのだろう。その中でもひと際その意識が強かったのが、3連投したソフトボール日本代表のエース上野由岐子ではないだろうか。

前日のアメリカ戦、オーストラリア戦で21イニングを投げたエースは、翌日の決勝戦でもマウンドに登った。投げている姿をみているだけでも、人々に感動を与えたのではないでしょうか?

いったい何処から、あの力が出てくるのだろう?174cm、72Kg。確かに体格的には恵まれている、しかし、それだけではない。世界一の投手は世界一の練習から勝ち得たものだ。

上野の技術と精神力が他の選手のファインプレーも生んだ。久々に、見ていて熱くなる試合をみれた。
[PR]
by u-kj | 2008-08-22 13:27 | 時事

野茂英雄引退

日米の野球界に大きく貢献してきた野茂英雄が引退する。今これほどまでメジャーに行ってプレーできるようになったのは野茂英雄の功績が大きいと思う。

これほどしっかりとした芯を持った人はあまり見たことがない。言葉の通じない世界に行っても野茂は何も変わらなかった。周りがなんと言おうと、自分のすべきと思った仕事をする。

野茂がアメリカに渡る前に私はアメリカに住んでいた。当時、メジャーリーグで日本人がプレーすることなど思いもよらなかった。まさか、1年目からあれほど活躍するなんて予想した人は、だれもいなかったのでは?

アメリカ人は日本人のプロ野球選手の名前など当然知らなかった。唯一世界のホームラン王である王貞治くらい。

そして、野茂はバリバリのメジャーリーガー相手に、いつものように、いつものトルネードで、打者がベース前で消えるという伝家の宝刀フォークボールで三振の山を築いた。

スタンドで「K」のプラカードが並ぶ。痛快だった。セカンドが自分のところへ投げるのかと思ったといわれるトルネード投法。

瞬く間に、「NOMO」の名前は全米に広がった。トルネードの写真をさまざまなスポーツ雑誌、新聞で見かけた。デビュー年の95年、13勝6敗、236三振(リーグ最多)で新人王を獲得。日米で、新人王に輝いたのは野茂ひとり。日米通算201勝、3119奪三振という記録を残して引退となった。
[PR]
by u-kj | 2008-07-18 09:19 | 時事

全英オープンゴルフが始まります

歴史と伝統のあるトーナメントである全英オープンゴルフが開催される。7月17日~20日の4日間。今年の全英オープンは、1998年に行われて以来のロイヤルパークデールゴルフクラブ。前回大会では、マークオメーラがプレーオフで日本でもお馴染みのブライアンワッツを下して制覇。タイガーウッズは最終日猛チャージを見せたが、3位フィニッシュ。注目は、当時17歳であったジャスティンローズ、なんと4位でフィニッシュ。全世界に彼の名を知らしめた。

さて、10年ぶりに開催されるロイヤルパークデールゴルフクラブでの全英オープンはどうか?若干改修され距離は伸びたが、7173ヤード。今となっては決して距離のあるコースではない。左右されるのは、正確なショットと風の読みか?

距離が短いということは、飛距離では不利な日本人にも初メジャー制覇の可能性が高まる。今回、日本ツアーからは、日本人3人目となったPGAツアー覇者の今田竜二、昨年の賞金王の谷口徹、昨年の全英オープンで5位フィニッシュと沸かせた谷原 秀人、さらに岩田 寛、甲斐 慎太郎、矢野 東、松村 道央、塚田 好宣が参加する。

世界屈指の選手たちがこの世界最高のリンクスとも言われるロイヤルパークデールゴルフクラブをどう攻略するのか、今から楽しみです。
[PR]
by u-kj | 2008-07-16 15:45 | 時事

タイガー劇場

メジャー第2戦となる、全米オープンゴルフが終わりました。全米オープンゴルフが完全に終わって時間が経ちますが、未だ興奮冷めやらず。劇的なシーンが、鮮明に出てきます。

今回の全米オープンゴルフは、タイトルの通り、まさにタイガー劇場を見ているようでした。前回の記事でも書きましたが、タイガーウッズはマスターズの後直ぐに膝の手術を行いました。

当然、その間は試合には出ていません。そのタイガーウッズがメジャートーナメントの全米オープンゴルフを制したのです。

今回タイガーを見ていた観客は何度奇跡的なプレーを目の当たりにして、雄たけびをあげたでしょう?テレビで見ていた私でさえ、思わず大きな声を上げたくらいですから、目の前でそれを見ていたら、興奮は抑える事が出来ないでしょう。

最後の最後まで、目が離せない戦いでした。ここ数年稀に見るほど記憶に残るメジャートーナメントだったのではないでしょうか?
[PR]
by u-kj | 2008-06-18 13:05 | 時事

全米オープンゴルフ

今期メジャー第2戦となる、全米オープン選手権が12日より、サンディエゴのトーリーパインズGC南コースで行なわれる。

今回は優勝候補の予想が難しそうだ。誰もが認める世界ナンバーワンプレーヤーのタイガーウッズは、マスターズ後に膝を手術。手術は成功したが、復帰第一線でいきなりメジャーとなる。若干の時間があいて試合感が戻るかが勝敗の分かれ目か?

今期既に2勝と波に乗っているフィルミケルソンが優勝候補の筆頭とも言えるのでは?数年前まで、メジャーで勝てない天才レフティと言われたが、今やメジャーでの勝ち方を十分分かっている数少ないプレーヤーの一人。

トーリーパインズGC南コースは、距離もありグリーンも堅い事から、しっかりとフェアウェイをキープして、スピンコントロールの出来る2打目を打てるかが勝敗を分けるではないでしょうか?

期待の日本勢は、今田竜二、谷口徹、片山晋吾といったメンバー。
[PR]
by u-kj | 2008-06-12 11:30 | 時事

三菱ダイヤモンドカップゴルフ

兵庫県の東広野ゴルフ倶楽部で行なわれた三菱ダイヤモンドカップゴルフは、タイのプロゴルファー猿こと、P・マークセンが1打差で日本ツアー初優勝。

通算25勝で、永久シードの獲得を目指した片山晋吾は2打差の3位となった。インタビューでも語っていたが、中島常幸に今回獲れとはっぱをかけられ本人も気迫のこもったプレーでトップのマークセンを追走したが、届かず。

一方初日からリーダーを快走していた星野英正は、最終日に伸びが足らず、こちらも片山晋吾と同様トップから2打差の3位タイで終わった。学生時代に天才の名を欲しいままにしていた星野英正、プロではなかなか結果が出せない。

今回奮闘したのは、岩田、甲斐という若手陣。ストリートファッション的なウェアとネックレスに身を包んだ岩田寛と今期でやめようかと思った事で吹っ切れたという甲斐慎太郎。甲斐慎太郎は、トップのマークセンに食らいつき、18番でチップインイーグルを狙ったが、わずかに届かず1打差の2位となった。

最近マスコミは、男子ゴルフといえば石川遼を取り上げているが、実際にトーナメントで素晴らしいプレーをしている他のプロも注目して欲しい。そして、ここ数戦予選落ちを喫しているが、潜在能力を持っている石川遼には長い目で見て欲しいと思う。
[PR]
by u-kj | 2008-06-02 11:09 | 時事

今田竜二優勝おめでとう!

日本プロゴルフ選手権の片山晋吾の日本プロ選手権最高スコア更新でぶっちぎり優勝と盛り上がっていたら、更に凄いニュースが・・・

アメリカのPGAツアーで日本人では3人目となる勝利を今田竜二が成し遂げた。アメリカのPGAと言えば、言わずと知れているが世界最高峰のゴルフツアーが開催される。最強のプレーヤーが終結して、最高のプレーを見せてくれる場所。

タイガーウッズの登場以降、アメリカのPGAツアーでは、アスリート的ゴルファーが上位を占める結果となった。クラブ、ボールの進化もあるが、やはりプレーヤーの進化が大きいだろう。平均飛距離は、大幅に延び、それに伴ってコースも年々長くなる。

日本人にとっては、毎年不利な方向へ進んでいるなぁと感じていた。飛距離を出そうとすれば、当然方向性も悪化する、コースによっては、フェアウェイを外したらロング、ヘタしたらミドルアイアンは持てないなんてこともある。

そんな中、今田竜二。中学2年からアメリカに渡り、PGAで活躍する事を夢見た少年は、遂にアメリカのPGAツアーを制した。

昨年もチャンスはあったが、マスターズを制したザック・ジョンソンにプレーオフで破れる。今回のプレーオフ。昨年の悪夢がよぎるが、見事に優勝をもぎ取った。

本当におめでとうと言いたい。そして、更にアメリカでの活躍を期待してます。
[PR]
by u-kj | 2008-05-20 08:48 | 時事

日本プロゴルフ選手権 片山晋吾がぶッちぎり

日本最古のメジャートーナメントである日本プロゴルフ選手権が、群馬県のレーサムゴルフ&スパリゾートで行なわれた。

結果は、片山晋吾の圧勝。日本プロゴルフ選手権の優勝スコアを塗り替えての勝利となった。今回の片山晋吾に塗り替えられるまでは、尾崎三兄弟の尾崎建夫の20アンダー。

まさに見事な勝利だった。私自身は都合もあって、3日目しか見る事が出来なかったが、危なげないプレーを4日間続けた。

技術もそうだが、精神的にも強い選手。更に素晴らしいと思ったのは、片山晋吾選手のプロ意識。来てくれたお客さんを楽しませようと、する精神。

素晴らしいプレーを見せることもそうだが、3日目の9番のバーディを獲った瞬間。耳に手を覆い、「ナイスバーディ」の声を待つような仕草をしたり。

私も少し片山晋吾の組みについて回ったが、見ている観客が楽しんでいる。他の組には見られない光景だった。

人気も実力も備わった片山晋吾が、今年のツアーを盛り上げてくれるかも。期待大です。
[PR]
by u-kj | 2008-05-19 19:11 | 時事

日本プロゴルフ選手権 1日目

群馬県のレーサムゴルフ&スパリゾートで行なわれている日本プロゴルフ選手権の初日が終了した。

初日はやや風はあったものの天気も良く、各選手とも好スコアを出した。注目の石川遼は、3バーディ、2ボギー、1ダブルボギーの1オーバーで54位発進。一時は100位以下に落ちたが、上がりの2ホールでバーディーを獲り、巻き返した。

首位は地元群馬県出身の武藤俊憲。8バーディ、ノーボギーと完璧なラウンドとなった。武藤自身64は自己タイ。地元の声援を受けて素晴らしいスタートとなった。

さすがにメジャートーナメントとあって各選手気合が入ったラウンドとなったようでした。
[PR]
by u-kj | 2008-05-16 10:40 | 時事