<   2008年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

野茂英雄引退

日米の野球界に大きく貢献してきた野茂英雄が引退する。今これほどまでメジャーに行ってプレーできるようになったのは野茂英雄の功績が大きいと思う。

これほどしっかりとした芯を持った人はあまり見たことがない。言葉の通じない世界に行っても野茂は何も変わらなかった。周りがなんと言おうと、自分のすべきと思った仕事をする。

野茂がアメリカに渡る前に私はアメリカに住んでいた。当時、メジャーリーグで日本人がプレーすることなど思いもよらなかった。まさか、1年目からあれほど活躍するなんて予想した人は、だれもいなかったのでは?

アメリカ人は日本人のプロ野球選手の名前など当然知らなかった。唯一世界のホームラン王である王貞治くらい。

そして、野茂はバリバリのメジャーリーガー相手に、いつものように、いつものトルネードで、打者がベース前で消えるという伝家の宝刀フォークボールで三振の山を築いた。

スタンドで「K」のプラカードが並ぶ。痛快だった。セカンドが自分のところへ投げるのかと思ったといわれるトルネード投法。

瞬く間に、「NOMO」の名前は全米に広がった。トルネードの写真をさまざまなスポーツ雑誌、新聞で見かけた。デビュー年の95年、13勝6敗、236三振(リーグ最多)で新人王を獲得。日米で、新人王に輝いたのは野茂ひとり。日米通算201勝、3119奪三振という記録を残して引退となった。
[PR]
by u-kj | 2008-07-18 09:19 | 時事

全英オープンゴルフが始まります

歴史と伝統のあるトーナメントである全英オープンゴルフが開催される。7月17日~20日の4日間。今年の全英オープンは、1998年に行われて以来のロイヤルパークデールゴルフクラブ。前回大会では、マークオメーラがプレーオフで日本でもお馴染みのブライアンワッツを下して制覇。タイガーウッズは最終日猛チャージを見せたが、3位フィニッシュ。注目は、当時17歳であったジャスティンローズ、なんと4位でフィニッシュ。全世界に彼の名を知らしめた。

さて、10年ぶりに開催されるロイヤルパークデールゴルフクラブでの全英オープンはどうか?若干改修され距離は伸びたが、7173ヤード。今となっては決して距離のあるコースではない。左右されるのは、正確なショットと風の読みか?

距離が短いということは、飛距離では不利な日本人にも初メジャー制覇の可能性が高まる。今回、日本ツアーからは、日本人3人目となったPGAツアー覇者の今田竜二、昨年の賞金王の谷口徹、昨年の全英オープンで5位フィニッシュと沸かせた谷原 秀人、さらに岩田 寛、甲斐 慎太郎、矢野 東、松村 道央、塚田 好宣が参加する。

世界屈指の選手たちがこの世界最高のリンクスとも言われるロイヤルパークデールゴルフクラブをどう攻略するのか、今から楽しみです。
[PR]
by u-kj | 2008-07-16 15:45 | 時事